『ディヴィニティ:オリジナル・シン2 ディフィニティブエディション』神ゲー?クソゲー?その評判や感想

『ディヴィニティ:オリジナル・シン2 ディフィニティブエディション』神ゲー?クソゲー?その評判や感想
スポンサーリンク

ディヴィニティ:オリジナル・シン2 ディフィニティブエディション

8.7

グラフィック

6.5/10

音楽/サウンド

10.0/10

操作性/システム

8.0/10

ストーリー

9.0/10

熱中度

10.0/10

みなさんの感想・評価をお聞かせください!

『ディヴィニティ:オリジナル・シン2 ディフィニティブエディション』のレビュー(評価)を書く

概要

神人ルシアンの犠牲によって世界は『虚無』から救われたかに思われた。

しかし、『虚無』の使いであるヴォイドウォークンにより世界に死と破壊と恐怖がもたらされた。

神聖騎士団を率いるアレクサンダーは、ヴォイドウォークンが惹かれるエネルギー物質『ソース』に注目し、それを操る『ソース使い』の排除を開始する。

壮大で王道的なファンタジーRPGの世界を堪能しよう!

製品情報

※表の端が画面に表示されていない場合、表を左右にスクロールすることができます。

タイトル ディヴィニティ:オリジナル・シン2 ディフィニティブエディション
対応機種 PS4 Switch
発売日 2019年10月31日(木)
価格 7,800円+税
ジャンル RPG
プレイ人数 1~2人(オンライン:最大4人)
CERO Z(18才以上のみ対象)
メーカー スパイク・チュンソフト
公式サイト https://www.spike-chunsoft.co.jp/divinity2/top.htmle
VR対応 非対応
スポンサーリンク

ネットの反応(評判や感想)

★発売前

引用元:http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1564579986/

■協力プレイでワイワイ遊べるぞ

 

■さらに今作から新しい「戦闘アビリティ」として、肉体をさまざまな形に変化させる個性的な魔法スキル“多形術”が登場。
自身の背に翼を生やして移動能力を高めたり、敵をニワトリの姿に変えて戦闘力を奪ったりなど、

これ絶対面白いやつやん

 

■たとえクソ翻訳でも買うけど、ウェイストランド2みたいにバグまみれなのはやめて欲しい

 

■もう一回くらい翻訳の質を確認できる機会があるといいんだが
ゲーム自体は最高に面白いみたいなのにもったいなさ過ぎる

 

■会話文は載せないよう指示出てそうだな

 

■いろいろあるけどなんだかんだクッソ楽しみなんだよなあ
スパチュンはデイワンパッチ当てるくらいの気合い見せてくれ

 

■2も店で売った武器防具リセットされないでずっと店に残る仕様?

 

■残る

 

■また箱や樽にせっせと移動させて売ることになるのか

 

■2は章進むとマップも変わって商人NPCも拠点にいる人ら以外はほぼ再会できなくなるから、そこまではしなくてもいいんじゃないかな
まあ同じNPCと売買し続けると相変わらずごちゃごちゃになるけど

 

■ローカライズに不安は残るけどとりあえず致命的ってほどではなさそうだし予約した

 

■楽しみだな
1は唯一ストーリーがいまいちだったけど2はそこも面白いらしいから期待だわ

 

■王道だが各キャラあらすじが良いね
誰使うか迷うな

 

■2もPCですでに発売してて神ゲーって評価でてるから様子見する必要はないよ
翻訳とか気にするっていう人らなら知らんけど

 

■今のところ出てる翻訳文見る限り致命的なほど酷いわけではないしね
よくある直訳片言じゃなければ及第点だと思う

 

■1の後半はパズル多くてダルかったけど2はどうなんだろうなー
戦闘好きだからやるけど

 

■1ローカライズした本間が2ではその辺改善されてるみたいな事呟いてた気がする

 

■ほー、それは期待できそうだなぁ

 

■面白そうやねこれ
初めてだけど予約してみるわ

 

■クリア時間どれくらい?
200時間越える?

 

■前作やってないけど楽しめるかな?

 

■1は2,3周したからそのぐらいは遊べた
2はさらに固定主人公もいてストーリーあるみたいだからさらに遊べそう

千年とかそのぐらい経った世界だから問題ないって書いてあった

ただし人を選ぶゲームなので後悔するかしないかはあなた次第


1作目から遊んでいるプレイヤーからはかなり期待感を持たれているようでした。

一方で洋ゲーであるため、翻訳の出来に関する不安感があるようでもありました。

みなさんの感想・評価をお聞かせください!

『ディヴィニティ:オリジナル・シン2 ディフィニティブエディション』のレビュー(評価)を書く

スポンサーリンク